自然素材のエコ・健康建材のご提供、そして「スローライフ」をテーマにした「エコバウリフォーム」のご提案
エコバウリフォームって何? 施行例・お客様の声 製品紹介・ご注文 リフォームのプロ紹介 FAQ ショールーム 業者向けページ 会社概要

エコリフォームって何?

エコリフォームは健康に良いだけではありません。

エコリフォームは単なる、石油製品の作られた新建材を使う代わりに、天然成分を原料とした自然素材を使うことで、有害物質を発生させず、シックハウスの原因を排除すると言うだけでなく、例えば「年代の経過とともに趣を深くするエイジング」や「漆喰や塗り壁のような呼吸する建材で快適な室内環境を作る」そしてなんと言っても「光の反射が穏やかで、上質感の高いインテリアになる」などの特徴があります。一度住めばきっと手ばなしたくない住宅になります。

25年で寿命を終える新建材の家

新建材で出来た住宅の特徴である「手間をかけずに、いつでもきれい」は、実際には新築時が一番きれいで、年を取るごとに劣化していき、25年で寿命を終える住宅につながります。これは日本の住宅が、築年数を経るごとに資産価値が減っていき、35年の住宅ローンであるにもかかわらず、大半の住宅がわずか25年でその寿命を終えることと関係あります。

年月を経るごとに味わいが深まる自然素材の家

しかしエコロジー建材である「自然素材」は、欧米の住宅が年月が経っても、反対に資産価値が上がっていくように、少し手をかけるだけで、年月を経るごとに味わいが深まり、新築住宅では手に入れることが出来ない、高い質感や奥深さを持つことになります。つまり、自然素材で作った住宅は健康であるだけでなく、上質感のあるインテリア、そして長寿命と数々のメリットがあるわけです。だから、リフォームからエコ建材を使うことで、今からでも良い家に変えていくことが出来るのです。

これからは自然素材のエコリフォームの時代

ではなぜ、日本の住宅はそんなに良い自然素材のエコ建材を使わないのでしょうか?それは、ただ住宅を建てる側にとって使いにくいからなのです。新建材とはプラスチックです。だから熱や季節の変化で縮んだり伸びたりしませんが、自然素材は呼吸していますから変化します。それを建設会社は「めんどくさい」と言ってるだけなのです。こんなにも住む人にとって多くのメリットがあるにもかかわらず・・・・・。 これから日本でも、簡単に住宅を壊して立て替えることは、ごみの問題や環境問題から出来にくくなります。であれば、欧米のように自然素材のエコリフォームで、長寿命で資産価値が減らない住宅にすると言うのが、当たり前になるのではないでしょうか。

自然素材に囲まれた家は 
「住む人が健康になる 美しくエイジングする 家が健康になり長寿命になる 上質なインテリア」
こんな家が好きになる、家にいるのが楽しくなる家です

スイス・ドイツの自然素材の建材はこちら

お問い合わせ  電話番号:03-3544-4452▲ページのトップへ
Copyright (C) 2004 Ecobaustoffe Corporation. All Rights Reserved.
トップページへ